カジノカードゲーム

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> --> このページではJavascriptを使用しています。Javascriptを有効にしてください。 --> --> ホーム メニュー 本文へ お問合わせ窓口 よくある御質問 サイトマップ 国民参加の場 点字ダウンロード English site 検索 言語切替 「言語切替」サービスについて このホームページを、英語・中国語・韓国語へ機械的に自動翻訳します。以下の内容をご理解のうえ、ご利用いただきますようお願いします。 1. 翻訳対象はページ内に記載されている文字情報となります。画像等で表現する内容は翻訳されません。 2. 機械による自動翻訳のため、必ずしも正確な翻訳であるとは限りません。 3. 翻訳前の日本語ページに比べ、画面の表示に若干時間がかかる場合があります。 閉じる 日本語 English 中文(简体字) 中文(繁體字) 한국어 日本語 English 中文(简体字) 中文(繁體字) 한국어 点字ダウンロード サイト閲覧支援ツール起動(ヘルプ) 文字サイズの変更 標準 大 特大 English site テーマ別に探す テーマ別に探す テーマ別に探す テーマ別に探すトップへ 健康・医療 福祉・介護 雇用・労働 年金 他分野の取り組み 政策分野別に探す 健康・医療 健康 食品 医療 医療保険 医薬品・医療機器 生活衛生 水道 福祉・介護 障害者福祉 生活保護・福祉一般 介護・高齢者福祉 雇用・労働 雇用 人材開発 労働基準 雇用環境・均等 職場における子育て支援 非正規雇用(有期・パート・派遣労働) 労働政策全般 相談窓口等 年金 年金・日本年金機構関係 他分野の取り組み 「年収の壁」への対応 国際関係 研究事業 社会保障全般 戦没者遺族等への援護 災害 情報政策 規制改革・行政手続関係 医薬品等行政評価・監視委員会 性的マイノリティに関する厚生労働省の取組 キーワードで探す 中東呼吸器症候群(MERS) デング熱 予防接種 新型コロナワクチン 後期高齢者医療制度 診療報酬改定 出産一時金 食品中の放射性物質への対応 後発医薬品の使用促進 風しん 難病対策 消費税と診療報酬について 保健医療2035 ジカウイルス感染症 12月1日は世界エイズデー くるみんマークについて 認知症施策 介護サービス情報公表システム 自殺 世界自閉症啓発デー2017 労働者派遣法の改正 教育訓練給付制度について SAFEコンソーシアム 中小企業お役立ち 若者の就職支援 個別労働紛争解決制度 人材確保対策 労働基準法の見直し 高度プロフェッショナル制度 働き方・休み方改善ポータルサイト 能力開発基本調査 サポステ ストレスチェック 外国人技能実習制度 日本年金機構における不正アクセスによる情報流出事案について 年金記録の再確認をお願いします 「ねんきんネット」であなたの年金を簡単確認 専業主婦の年金 保険料が払えないと思っている方へ iDeCo(個人型確定拠出年金) 社会保障改革 戦没者の遺品をお持ちの方へ ロシア連邦政府等から提供された抑留者に関する資料について 閉じる 報道・広報 報道・広報 報道・広報 報道・広報トップへ 厚生労働省広報基本指針 大臣記者会見 報道発表資料 広報・出版 行事・会議の予定 国民参加の場 閉じる 政策について 政策について 政策について 政策についてトップへ 分野別の政策一覧 組織別の政策一覧 各種助成金・奨励金等の制度 審議会・研究会等 国会会議録 予算および決算・税制の概要 政策評価・独法評価 厚生労働省政策会議 閉じる 厚生労働省について 厚生労働省について 厚生労働省について 厚生労働省についてトップへ 大臣・副大臣・政務官の紹介 幹部名簿 所在地案内 主な仕事(所掌事務) シンボルマークとキャッチフレーズについて 中央労働委員会 所管の法人 資格・試験情報 採用情報 図書館利用案内 閉じる 統計情報・白書 統計情報・白書 統計情報・白書 統計情報・白書トップへ 各種統計調査 白書、年次報告書 調査票情報を利用したい方へ 閉じる 所管の法令等 所管の法令等 所管の法令等 所管の法令等トップへ 国会提出法案 所管の法令、告示・通達等 覚書等 閉じる 申請・募集・情報公開 申請・募集・情報公開 申請・募集・情報公開 申請・募集・情報公開トップへ 電子申請(申請・届出等の手続案内) 法令適用事前確認手続 調達情報 グレーゾーン解消制度・新事業特例制度 公益通報者の保護 情報公開・個人情報保護 デジタル・ガバメントの推進 公文書管理 行政手続法に基づく申出 行政不服審査法に基づく審理員候補者名簿 閉じる 閉じる --> --> ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 国際関係 > 日本とWHO > 2022年世界保健デーのテーマは「私たちの地球、私たちの健康」です。 --> 2022年世界保健デーのテーマは「私たちの地球、私たちの健康」です。     1. 世界保健デーとは 世界保健デーは、世界保健機関 (World Health Organization: WHO) が設立された 1948 年(昭和 23 年)4 月 7 日を記念して設けられました。この日には、WHOが国際保健医療に関するテーマを選びます。また、世界各国でその年のテーマに沿った様々なイベントが開催されます。   2. 2022年世界保健デーについて 2022年のテーマは、「私たちの地球、私たちの健康(Our planet, our health)」です。私たちの住む地球の気候変動は、大気汚染、異常気象・猛暑、媒介生物の生態系の変化、水質の変化、食料不安、自然環境の悪化等を介して、私たちの健康に様々な影響を与えると言われています。WHOは、人々と地球を健康に保ち、ウェル・ビーイングに焦点を当てた社会を作り出すために、世界は迅速に行動することに目を向けるべきと訴えます。   3. 気候の危機は健康の危機1 WHO(2021年)によると、毎年世界では1300万人以上の人々が本来ならば避けられる環境要因によって亡くなっています。この死亡には、人類が直面する唯一最大の健康への脅威である気候変動による死亡も含まれています。私たちの日々の政治、社会、商業における決断が、気候と健康の危機に拍車をかけています。例えば、世界の90%以上の人々が化石燃料の燃焼によってもたらされる健康に悪い大気を吸っています。私たちが、もしパリ協定*が掲げる目標を達成できれば、大気汚染の削減だけで、世界は2050年までに年間約100万人の命を救うことができます。温暖化した世界では、マラリアやデング熱等を媒介する蚊がかつてないほど遠くへ、そして速く病気を運びます。異常気象、土地の劣化、水不足は、人々を強制的に移住させ、健康に影響を及ぼしています。汚染物質やプラスチックは、最も深い海の底や最も高い山々でも発見され、食物連鎖に入り込んでいます。さらに、不健康な食品・飲料を生産するシステムは、多くの肥満を引き起こし、がんや心臓病を増加させています。これは温室効果ガスの3分の1を発生させているとも言われています。温室効果ガスであるCO2の排出量を削減することでもたらされる健康への恩恵は、削減対策にかかるコストの約2倍になると見積もられています。   4. 気候変動に向けた国際的な対応2,3 WHOは、気候変動は健康の環境決定要因であるとして、2017年には、気候変動の影響が著しく現れていた小島嶼開発途上国(SIDS)の厳しい状況に立ち向かうために「気候変動と健康に関する小島嶼開発途上国(SIDS)イニシアティブ」を立ち上げました。また、2019年の世界保健総会では、WHOは国際社会に対し、「健康、環境と気候変動に関する世界戦略」を提案し、世界が環境や気候変動による健康リスクと課題にどのように対応すべきかを示しました。本戦略の進捗は、2021年の世界保健総会でも報告されました。   5. 日本における気候変動に向けた取組 気候変動の影響により、日本でも熱中症による救急搬送や死亡者が増えています。政府は、暑さへの「気づき」を呼びかけるため、2021年4月より熱中症警戒アラートを全国に展開しています。また、「熱中症対策行動計画」を策定し、関係府省庁が一体となって取り組んでいます。都道府県等では、蚊によって媒介される感染症の発生の予防とまん延防止のために、特に感染症を媒介する蚊が発生する地域で、継続的な観測、蚊の幼虫の発生源の対策、成虫の駆除、防蚊対策について注意喚起等を行っています。また、感染症の発生動向の把握にも努めています。 気候変動の根本原因にも対策が必要です。日本では、2030年度までに温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指し、さらに50%削減の高みに向け挑戦を続けることを総理が表明し、2021年10月に改定した地球温暖化対策計画4にも反映されています。また、この新しい削減目標を踏まえ、第6次エネルギー基本計画において、2030年度の再生可能エネルギー比率の見通しを36~38%とするなどした新しいエネルギーミックスを示したところであり、その実現に向けて全力で取り組んでいきます。厚生労働省でも、厚生労働行政に関連する各分野や所管組織で、温室効果ガスの削減を推進しています。他方、気候変動対策の両輪とされる適応策について、政府は、「気候変動適応計画」で定めた分野別施策と基盤的施策に加えて、2021年10月の改定時には、健康、防災、農業等の幅広い分野で拡充しています。 私たちの身の回りでも気候変動対策として、フードロスへの取組や再生可能エネルギーの導入加速化等が進んでいます。   6. 今後の展望 私たちの住むかけがえのない地球を健康に保つことは、私たちが健康で、幸福な生活を営む上で不可欠です。厚生労働省は関係機関と連携しながら、気候変動がもたらす健康危機への対応を支援し、国際保健の議論に貢献していきます。   *パリ協定:気候変動抑制に関する国際的な協定で、(1)世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をすること、(2)そのため、できるかぎり早く世界の温室効果ガス排出量をピークアウトし、21世紀後半には、温室効果ガス排出量と(森林などによる)吸収量のバランスをとること、を目指しています。第21回気候変動枠組条約締約国会議が開催されたフランスのパリにて2015年12月12日に採択されました。 参考: WHOホームページ 1.気候変動と健康に関するファクトシート  https://www.who.int/publications/i/item/fast-facts-on-climate-change-health 2.健康、環境と気候変動に関する世界戦略 (WHO Global Strategy on Health, Environment and Climate Change)  https://apps.who.int/iris/handle/10665/331959 3.気候変動と健康に関する小島嶼開発途上国(SIDS)イニシアティブ  https://www.who.int/publications/i/item/climate-change-and-health-in-small-island-developing-states 環境省ホームページ 4.地球温暖化対策計画(令和3年10月22日閣議決定)  http://www.env.go.jp/earth/ondanka/keikaku/211022.html         PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、こちらからダウンロードしてください。 --> 政策について 分野別の政策一覧 健康・医療 福祉・介護 雇用・労働 年金 他分野の取り組み 国際関係 研究事業 社会保障全般 労働政策全般 戦没者遺族等への援護 災害 情報政策 行政手続関係 「明治150年」関連施策 組織別の政策一覧 各種助成金・奨励金等の制度 審議会・研究会等 国会会議録 予算および決算・税制の概要 政策評価・独法評価 関連リンク 情報配信サービスメルマガ登録 子どものページ 携帯ホームページ 携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。 --> --> ページの先頭へ 御意見募集やパブリックコメント 国民参加の場 テーマ別に探す テーマ別に探すトップへ 健康・医療 福祉・介護 雇用・労働 年金 他分野の取り組み 報道・広報 報道・広報トップへ 厚生労働省広報基本指針 大臣記者会見 報道発表資料 広報・出版 行事・会議の予定 国民参加の場 政策について 政策についてトップへ 分野別の政策一覧 組織別の政策一覧 各種助成金・奨励金等の制度 審議会・研究会等 国会会議録 予算および決算・税制の概要 政策評価・独法評価 厚生労働省について 厚生労働省についてトップへ 大臣・副大臣・政務官の紹介 幹部名簿 所在地案内 主な仕事(所掌事務) シンボルマークとキャッチフレーズについて 中央労働委員会 所管の法人 資格・試験情報 採用情報 図書館利用案内 統計情報・白書 統計情報・白書トップへ 各種統計調査 白書、年次報告書 調査票情報を利用したい方へ 所管の法令等 所管の法令等トップへ 国会提出法案 所管の法令、告示・通達等 覚書等 申請・募集・情報公開 申請・募集・情報公開トップへ 電子申請(申請・届出等の手続案内) 法令適用事前確認手続 調達情報 グレーゾーン解消制度・新事業特例制度 公益通報者の保護 情報公開・個人情報保護 デジタル・ガバメントの推進 公文書管理 行政手続法に基づく申出 行政不服審査法に基づく審理員候補者名簿 関連リンク 他府省 地方支分部局等 全体的な取り組みや情報一覧 クローズアップ厚生労働省一覧 情報配信サービス 情報配信サービスメルマガ登録 広報誌「厚生労働」 携帯版ホームページ ソーシャルメディア facebook X(旧Twitter) SNS一覧 利用規約・リンク・著作権等 個人情報保護方針 所在地案内 アクセシビリティについて サイトの使い方(ヘルプ) RSSについて ホームページへのご意見 法人番号6000012070001 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話番号 03-5253-1111(代表) Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights reserved. -->

メルボルンシティfc kazino ビーベット稼げる オンラインカジノとは
Copyright ©カジノカードゲーム The Paper All rights reserved.